豊胸手術という選択D

豊胸手術という選択D

シリコンバッグをどこに入れるかによって手術法が変わってきます。手術法には「大胸筋下法」と「乳腺下法」があります。大胸筋下法は、乳腺より下にある大胸筋の下にバッグを入れる方法です。

 

 

 

この方法に適している人は胸が小さい人、ものすごく痩せている人です。ニューハーフの人などはこの方法で施術を受ける人が多いようです。筋肉より下にインプラントを入れるので、バッグが入っていることは表面からはわかりません。しかし筋肉に押さえられているので揺れ方が不自然で、感触も固め。

 

 

 

手術時、手術後の痛みもかなり強いそうです。元々胸にある程度サイズのある人、授乳後しぼんでしまった人には乳腺下法が使われます。乳腺の下に入れるので揺れや触った感触も自然でとても柔らかいです。

 

 

 

仰向けになったときの胸の感じも不自然さはまったく感じません。豊胸手術も基本的に局部麻酔で行われます。大胸筋の下、または乳腺の下にバッグを入れるスペースを作ります。